2016年04月21日

皐月 review

皐月賞の復習です

皐月賞1で
予想y指数86以上の馬は
あまりよくないと書きましたが、
今年は6頭該当で

マカヒキ 3人2着
ダイオウ 7人9着
サトノ 1人3着
ロード 5人8着
エア 4人4着
リオン 2人5着

人気を上回ったのは
マカヒキのみ
傾向どおり今一つ

皐月賞2
上がりa指数90以上の馬は
単勝回収率優秀と記載
今年は7頭該当で

マカヒキ 3人2着
ミッキー 14人13着
シングン 9人7着
サトノ 1人3着
ロード 5人8着
リオン 2人5着
ディー 8人1着

ディーマジェスティが1着
今年はたまたまでしょうけど
何かあるのかも

それから展開
下の図は
各馬に対して
横軸:確定先行指数 
   ※右が先行、左が差し
縦軸:皐月賞の確定指数−前走の確定指数
   ※上が皐月で上昇、下が皐月で数字下落
を表したもの

160417_b_sa_small.png
※クリックで少し拡大されます

下がハイペースだった2009年皐月賞のデータ
アンライバルド1着
160417_b_sa_small_3.png

2009年はきれいな分布
先行馬の数字がマイナスで
差し馬の数字がプラス
完全に差し競馬

今年2016年も
同じく右下がりの分布

ただ、右側が
0付近と-30付近に分離
先行馬が結構粘ったグループと
ばてばてとなったグループに
分かれています

それだけ厳しかったと
見ましたがどうでしょう

それからもう木曜ですが
こういうのはすぐ出した方が良い?


posted by GJ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 結果

2016年02月22日

展開面からの選択


前々開催での
展開面からの選択の結果は、
以下のとおり

単勝 1,470/15 = 98%
複勝 1,090/15 = 73%

※自重あり

前開催では、
単勝 1,220/19 =64% 
複勝  1,330/19 =70%
※自重なし

良い結果ではないです
一開催延長しましたが
ここで止めておきます

単独では安定しないか、
今後は他と組み合わせて
使うつもりです

posted by GJ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 結果

2014年06月29日

上半期条件トップ馬

2013年6月29日日曜日

今年の上半期G1予想の
条件トップ馬の成績について

実は条件トップ馬は
フェブラリーを除いて
敢えて書かないようにしていました

フェブラリーで強烈すぎると再認識
姑息にもあえて隠しました

後出しですが
条件トップ馬の結果を書きます

上半期の結果がよくなかったことからわかるように
条件トップ馬の成績もそれほどよくはありませんでした

フェブラリーS
13番コパノリッキー 16人1着

これはびっくりでした
とともに悔しく、賭けられなかった自分にがっかり


高松宮記念
18番マヤノリュウジン 11人8着
3着とは0.2差

マヤノを選んだ理由はこれでした
しかし、直感的には
外から来る感じはしませんでしたが、、


桜花賞
18番ハープスター 1人1着

これは納得の結果


皐月賞 
14番バウンスシャッセ 12人11着
3着とは0.4差

バウンスシャッセを選んだ理由もこれ
しかし、牡馬相手のG1で
いろいろ状況も変わっているので
軸にすべきではなかったかも


天皇賞春
14番キズナ 1人4着
3着とは0.1差

 高速京都で
 追い込みを狙うのは
 セオリーに反しますが

と書きましたが、
にもかかわらず選んだ理由はこれです
骨折が影響していたのかもしれませんが、、、失敗


NHKマイルC
5番ショウナンアチーヴ 3人6着
3着とは0.1差

さて、もうおわかりでしょうか
条件トップは隠していましたが
条件トップを軸においていました

昨年はかなりうまくいったのですが、
今年は疑問点のある馬が多く
無条件に(とはいえ悩みましたが)
軸にすえて失敗


ヴィクトリアマイル
3番デニムアンドルビー 4人7着
3着とは0.3差
ここに至って、ようやく軸から外しました


オークス
5番バウンスシャッセ 3人3着

で、ここで来ると


ダービー
 2番ワンアンドオンリー 3人1着

で、またまた来ました
このあたり軸にできると
かなり絞れたのですが、、


安田記念
6番グロリアスデイズ 13人6着
3着とは0.2差

相手からもはずしましたが
けっこう健闘


宝塚記念
12 フェイムゲーム 7人6着
3着とは0.1差


大崩れはしていませんが
フェブラリーを除いて
去年ほどの破壊力はなし

盲目的に信じずぎました
相手に選ぶというのが
妥当なところでしょう

穴ならば
来るまで待つというのも
よいかとは思いますが
なかなか難しいです


posted by GJ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 結果

2013年12月27日

今年のG1の結果


今年のG1の結果をまとめてみます

これまでに書いていたページに追記します。

上半期の結果はこちら
http://meniaoba.sblo.jp/article/70735620.html
10戦2勝1休み 28.5m/10R  回収率 約285%

下半期の結果はこちら
http://meniaoba.sblo.jp/article/81367202.html
※追記しました ※リンク間違い修正しました
11戦3勝     30.1m/11R  回収率 約273%

年間
1戦5勝1休み 58.6m/21R  回収率 約280%
   ※ほんとは279%ですがきりよくこの数字で


勝率があがるともっとうれしいのですが
これで十分満足しています



上半期の条件トップ馬はこちら

http://meniaoba.sblo.jp/article/68690958.html

下半期の条件トップ馬はこちら
http://meniaoba.sblo.jp/article/81368010.html
※追記しました

条件トップ馬についても
悪くない成績だと思っています
これも満足



このブログを始めて3年(たぶん)
最初はG1が苦手だったのですが
他の人に見てもらうことで
鍛えられたかもしれません

で、来年ですが
G1中心にして
毎週の予想は控えめにしようか、
控えようか、と考えています
ちょっと変化をつけたくなってきました

とはいっても
楽しいので予想してしまいそうですけど

あまった時間は
なにもしないかもしれないし
他のことを書くかもしれません
また、前と同じになるかも

特に決めずに
様子を見つつで

では、
たぶんこれが今年最後の記事になります
今年1年立ち寄っていただき
ありがとうございました
また来年
よいお年を

 人気ブログランキング指数理論 
 にほんブログ村 着差理論 <=応援よろしくお願いします 






posted by GJ at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 結果

2013年11月25日

下半期G1の条件トップ馬


下半期のG1
条件トップ馬の結果まとめてみます

上半期の結果はこちら
http://meniaoba.sblo.jp/article/68690958.html
安田、宝塚は入っていません 

スプリンターズS
 15番マヤノリュウジン    15人3着 複勝1,180円

秋華賞
  2番シャトーブランシュ 8人6着

菊花賞
9番インパラトール 13人14着
天皇賞秋
記述なし

エリザベス女王杯
17番トーセンアルニカ 13人4着
マイルCS
    3番レッドオーヴァル 11人8着 

ジャパンカップ

 7番ジェンティルドンナ 1人1着 単勝210円 複勝120円

 上期ほどではないですが、
 悪くもないと思います。

 残りG1は4R、
 また大穴あけてほしいです





2013年12月27日追記

ジャパンカップダート
6番ホッコータルマエ 1人3着

阪神JF
 8番レッドリヴェール 5人1着 単勝1,460円 複勝340円
10番ハープスター 1人2着

朝日FS
11番ショウナンアチーヴ 6人2着 複勝470円

有馬記念

4番ウインバリアシオン 4人2着 複勝250円

なかなか良かったと思っています


 人気ブログランキング      <=応援
 にほんブログ村 着差理論 <=よろしくお願いします 

posted by GJ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 結果