2018年01月01日

2017下半期G1

昨年、2017年下半期のG1成績をまとめてみます

1レース1単位で計算します


スプリンターズS
傾向
モンドキャンノ 11人14着
重み
ファインニードル 6人気12着

 ※スプリンターズSの記事で書いたように
  機械的に1-5人気への馬連流しで計算

リターン 0 /1

秋華賞
傾向
ハローユニコーン 16人気15着
重み
メイショウオワラ 12人気16着

リターン 0 /2

菊花賞

※菊は所用があり変則予想


傾向
ウインガナドル  7人気16着

乱ペースになったら
あきらめです

 15:10 取り下げ
 見てしまった人すみません
 外差し馬場のようです

重み
菊花賞
クリンチャー 10人気2着

こちらも乱ペースならあきらめ
重い血統を活かせれば

15:10 すみません、
こちらも取り下げ
来ないとは言いませんが
外差し馬場のようです
逆張りで賭けると言う方は
それもありかと思いますが、、


天皇賞秋

傾向
ミッキーロケット 14人気12着
重み
ミッキーロケット 14人気12着

リターン 0 /3


エリザベス女王杯
傾向
 スキップ
重み
全部ひっくるめて主観で

リスグラシュー 7人気8着
・・・
ミッキークイーン 3人気3着
穴で
デンコウアンジュ 13人気13着

リターン 0 /4

マイルCS
傾向
ダノンメジャー 16人気13着
重み
ヤングマンパワー 12人気14着

リターン 0 /5

※ここまで傾向と重みで予想
 どうも芳しくないので
 ここからやり方を
 当日の傾向を見るように変更

ジャパンC

キタサンブラック 1人気3着
サトノクラウン 3人気10着

直前
・・・
(馬場傾向は)
いずれもそれほど偏ってない印象
上の2頭で

リターン 0 /6

チャンピオンズC

直前
ロンドンタウン 7人気15着
アウォーディー 4人気5着
カフジテイク 5人気7着
テイエムジンソク 1人気2着
サウンドトゥルー 2人気11着

絞れませんでした
外中心ボックスにしておきます
外差しの人気薄を追加してもよいかも

リターン 0 /7

阪神ジュベナイルF
直前
リリーノーブル 3人気2着
ラッキーライラック 2人気1着
ロックディスタウン 1人気9着
人気3頭
コーディエを押さえておきます 6人気13着

※計算
 7-11 920円
 コーディエ押さえは
 54.8, 32.7, 31.6倍 なので
   10000リターンに 200, 400, 400 として
 残り9000の3分割で
 最終リターン 27600

リターン 276% /8

フューチュリティS
消去法ですが
タワーオブロンドン 2人気3着
を軸にします
相手は
ダノンプレミアム 1人気1着
ステルヴィオ 3人気2着
ダノンスマッシュ 4人気5着
リターンが均等になるようにするつもり
馬連のつもりでしたので上は外れです

リターン 276% /9


有馬記念
サトノクラウン 4人気13着
・・・
相手は
キタサン、シュバル、スワーヴ、ミッキー
他の馬は押さえておきます

リターン 276% /10

ホープフルS
軸は
タイムフライヤー 1人気1着

相手は
ジャンダルム+リュヌ、シャフト
リターンが1:2:2になる感じで

ジャンダルム 4人気2着
リュヌ、シャフトは
15人気11着、17人気10着

7-15  14.4倍  694円
1-7   443.5倍    45円
7-16 762.8倍    26円
で10000リターンなので
実質約13倍です

10000/(694+45+26) :1307%

最終リターン
 (276+1307) /11
   =144%        


んー、一応数字は出て
ほっとしました
ただ、
勝ち取ったというより
たまたま勝った
勝たせてもらった
という感じです

そのほかG1以外も
夏はよかったものの
秋はさっぱりでしたので

もうちょっと工夫してみます

なお、今週の6-8は簡易版に
なるかもしれません

というわけで
今年もよろしくお願いいたします

posted by GJ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 回収率

2015年01月14日

過去4週の好調騎手

2015年1月14日

過去4週の好調騎手です
回収率から選んでいます

騎手名レース数単勝回収率複勝回収率
武幸四郎11785211
黛弘人19184288
熊沢重文11465138
小坂忠士60933
武士沢友3422396
北村宏司6316995
北村友一2463258
酒井学4018245
福永祐一57112122
西村太一3680147

武幸J、黛J、武士沢J、福永J、西村J が新たにランクイン
北村友J がランクアップ

しかし、このリストアップはよくないか
次週の好調騎手とあまりリンクしない感じです

この騎手頑張ってんなというのを見るのは
それはそれでおもしろいとは思いますけど

これもひっそり消えそうです
形を変えてどこかでまとめたい気持ちもあります


※新馬、障害を除く
 おおよその目安だと考えてください

人気ブログランキング指数理論 ※5位くらい
 にほんブログ村 着差理論 <=応援よろしくお願いします

posted by GJ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 回収率

2015年01月09日

変更補足


補足です。

>先週、回収率を中心にデータをまとめてきましたが、
別途、調査したところでは
>波が大きく単純には使えない感があります

開催日レース数単勝回収率複勝回収率
2014/01/05244252
2014/01/06241773
2014/01/1118099
2014/01/121827478
2014/01/1324265152
2014/01/182444137
2014/01/19181829
2014/01/25242245
2014/01/26244033

これが昨年1月の京都芝(障害、新馬除く)での
馬番1−6番での回収率
12-18日は内がかなり来ています
ただ、19日になるとぱったり

これはまだ傾向が続く例ですが、

昨年5月後半では

開催日レース数単勝回収率複勝回収率
2014/05/17361185
2014/05/18365351
2014/05/243627557
2014/05/2536839201
2014/05/313582102
2014/06/01422825

と、週ごと、日ごとにがらっと変わります

詳しく調べれば原因も分かるか


もう一つ
昨年1月の京都芝でのキンカメ産駒の成績

開催日レース数単勝回収率複勝回収率
2014/01/063050
2014/01/11200
2014/01/1210210
2014/01/1330123
2014/01/186028
2014/01/19100
2014/01/25613082
2014/01/26224085

1週毎に良績、悪績?の繰り返しです

週ごとに単純にまとめるだけではあまりよくなく
もう少し長いスパンで見たり
他の要因も考慮してまとめる必要が、、

最初から考えとけって話ですけど
動いてようやく体でわかることもありということで


 にほんブログ村 着差理論 <=応援よろしくお願いします 
posted by GJ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 回収率

2015年01月04日

京都金杯週 京都ダ

京都金杯週、京都ダ用の情報です
適宜追記します

※テスト的にこうしています

※1/4 19:25 
   htmlが崩れてしまったようですので
  作り直しました

 サンプル数が少ないのでご注意を
 なお、過去7年は以下のような感じでも
 直近の回収率は下がっているという可能性もあります
 調べていませんが
 というわけでくれぐれもご注意を
 単なるデータの平均値です

過去の京都1月開幕週 ダ馬番別成績

馬番レース数単勝回収率複勝回収率
1763966
2774955
3789576
4786093
5779985
67811149
7771084
8789770
9752978
10766845
1173126145
127317286
13706479
14666864
1562740
165812111

※2007年以降、1/1-1/7の集計です
 が、データにやや不備があるかも
 おおよその目安と考えてください

特に偏りはなさそうに見えます
極端な内、外でない方がややよいかという感じ

1/4 19:05頃追記
日曜京都ダ7レースの3着内21頭中
 6番内10頭
12番外 8頭
内も外も来てます

1/6 1:30頃追記
月曜京都ダ7レースの3着内21頭中
 6番内6頭
12番外 8頭
内も外も来てます

※追記 1/3 22:46
過去の京都1月開幕週 ダ 3コーナー位置別成績

コ3レース数単勝回収率複勝回収率
178186150
21159792
38119095
486148105
5758969
6751292
7812537
8802843
9756158
10766163
1166055
12823266
13541660
14646798
1549022
1635092

3コーナーでの位置取りです
逃げ、先行馬の方が通常は回収率が高くなります

1/4 19:05頃追記

日曜京都ダ7レースの3着内21頭の位置取り
7,1,6  2,6,3  1,3,15 3,9,8 
3,3,13 7,15,3 7,4,4


1/6 1:30頃追記

月曜京都ダ7レースの3着内21頭の位置取り
2,1,11 2,7,13 2,4,4 3,2,1

3,12,10 2,10,1 4,7,3

3番手内が11頭も、10番手以降が5頭、差しも普通にあります

過去の京都1月開幕週 ダ父別成績

レース数単勝回収率複勝回収率
スパイキュール202045
スズカマンボ50364
ディープスカイ20360
オンファイア30323
ディープインパクト7519316
ゴールドアリュール1571283
ジャングルポケット60163
スペシャルウィーク40162
マンハッタンカフェ5120162
ハーツクライ40155
Tale of the Cat20120
キングヘイロー7177111
フジキセキ10320111

数が多いので、レース数1は除外しました
目立つのはディープ、ゴールドアリュールなど
注目です

1/4 19:05頃追記
父ディープ、ゴールドアリュールは各1頭のみ
ただし父ゴールドアリュールは
3Rで9人2着複860円の穴

日曜京都ダで目立った父は
クロフネ、ダイワメジャー

1/6 1:30頃追記
父ディープ、ゴールドアリュールはなし!

月曜京都ダで目立った父は
プリサイスエンド、バトルプラン、マンハッタンカフェ、アグネスデジタル
マンハッタンカフェ以外は上リストになし
傾向変わった?ただの揺らぎ?

※新馬、障害を除く
 おおよその目安だと考えてください

※コメント欄は承認制にしていますが
 宣伝、あきらかないやがらせでなければ
 すべて承認するつもりです

 にほんブログ村 着差理論 <=応援よろしくお願いします 
posted by GJ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 回収率

2015年01月03日

京都金杯週 京都芝

京都金杯、その他京都芝用の情報です
適宜追記します

※テスト的にこうしています
 サンプル数が少ないのでご注意を

過去の京都1月開幕週 芝馬番別成績

  馬番  差レース数単勝回収率複勝回収率
16464228
2646138160
36464971
45463764
52455667
62461027
7-1463236
80454273
94439878
103423867
11140018
1263812161
13134918
1443466195
1523027084
16-12513694

※2007年以降、1/1-1/7の集計です
 が、データにやや不備があるかも
 おおよその目安と考えてください

圧倒的に内有利かと考えていましたが
そうでもないですね
短距離かどうかで変わるのか

差というのは
指数でどれだけ数字が上昇したか
を表します
ここからは内が有利そうに見えます

追記 1/4 18:50頃
曜日の芝5レースで3着内に来た15頭のうち
馬番6番内が12頭
内有利です
人気馬が多いですけど

追記 1/6 1:10頃
月曜日の芝5レースで3着内に来た15頭のうち
馬番6番内が7頭
内有利ですが昨日ほどではないです
10番より外も3頭あり

追記 1/3 22:48
過去の京都1月開幕週 3コーナー位置別成績

コ3レース数単勝回収率複勝回収率
146328283
2559663
36810869
4343761
5597044
6375443
7587786
8332744
940764
1054577
1127062
12402732
13313317
1424033
1529010
1617012

通常は逃げ先行の回収率が高くなります
ただ、この回収率は高い
この時期の京都芝は内というより
逃げ先行を狙うべき
ただ、どの馬が逃げるのか、前行くか
というのを探し出すのが難しいのですが、、、

追記 1/4 18:50頃
土曜日の芝5レースで3着内に来た15頭の
3コーナーでの位置取りは
1,2,4 2,2,6 4,8,6 1,8,3 4,11,2

追記 1/6 1:10頃
土曜日の芝5レースで3着内に来た15頭の
3コーナーでの位置取りは
3,12,5 2,5,7 2,1,7 13,4,6 4,2,3
逃げは1頭のみ、
10番手以降も2頭おり、やや後ろにシフトか


過去の京都1月開幕週 芝父別成績

レース数単勝回収率複勝回収率
アドマイヤボス10840
マンハッタンカフェ1270539
スウェプトオーヴァーボード11640450
ブライアンズタイム10390
アドマイヤジャパン2225305
ファンタスティックライト10290
デュランダル30273
アドマイヤマックス30230
Giant’s Causeway20205
アドマイヤムーン60180
クロフネ13261177
グラスワンダー30167
Tale of the Cat1350160
Zensational1210160
Hussonet1190130
リンカーン4635123
スペシャルウィーク30120
ゼンノロブロイ8115120
アグネスタキオン100112
ディープインパクト1810776
チーフベアハート319767

マンハッタンカフェがなんだかすごい成績
偶然ですかね?注目したいところ

追記 1/4 18:50頃
マンハッタンカフェは
曜5R 3人3着、5人4着、10人6着
曜6R 1人5着
で、それほどよくはなかったか

曜に目立った種牡馬は
ディープインパクト、アドマイヤムーン
上のリストにあり

追記 1/6 1:10頃
マンハッタンカフェは
月曜11R 11人9着 のみ

月曜に目立った種牡馬は
ディープインパクト、キングカメハメハ、アドマイヤムーン
キンカメはの上リストになし


京都金杯 芝外A1600 ハンデ

150104_kyotokinpai_small.png

※y 近3走、z 前走、d 同コース
  a 近3走上がり、b 近3走先行
 3歳限定戦は+5~10程度の補正が必要です

追記 1/4 5:00頃

過去の傾向からは
京都金杯で重視すべき指数は

なお、この指数表を出すのがよいかどうか
迷いました
指数の高いのが必ずしも
高い回収率というわけではなく
またくせがあって
実際の能力からもずれはあり
数字がかえってミスリードする可能性があるので

ただそこを理解してもらえれば
過去の力、末脚、先行力を見るために
使えるとは思ってはいます
レースの後にコメントします
いいわけではないですよw

追記 1/4 18:50頃
指数表の使い方というか限界の説明を
中山金杯週 中山芝 に書きました
今見ると上に書いていることとほとんど同じでした

京都金杯
注目するy,z,b指数の良い馬は
1番エキストラエンド y 4人2着
2番マイネルメリエンダ b 7人3着
8番グランデッツァ yb 1人5着
11番ブレイズアトレイル y 10人9着
12番レッドデイヴィス y 13人7着
15番ニシノビークイック y 14人18着
17番ホウライアキコ b 8人15着

総じて悪くはないと思います

また、上の回収率の説明で書いているように
回収率はそれほどではないが有利な内
回収率の高い先行
2着の1番(昨年勝)、3着の2番、5着の8番
自然にこうなると思います
あとだしですみませんが


1着の3番ウインフルブルームは
先行b指数がやや低かったのですが
過去の位置取りを見ると
一番逃げの可能性のあったのは
この馬だったのでしょう

後出し回顧、以上です


1/5 2:20頃追記

万葉S 芝外A3000 ハンデ

150105_manyoS_small.png

※y 近3走、z 前走、d 同コース
  a 近3走上がり、b 近3走先行
 3歳限定戦は+5~10程度の補正が必要です

過去の傾向からは
万葉Sで重視すべき指数は


追記 1/6 1:10頃
先行指数bの高い馬は、
5番サトノシュレン 5人13着 ※さすがに飛ばしすぎでしたか
7番シャンパーニュ 6人2着 複勝420円
という結果でした



回収率データは新馬、障害を除く
 おおよその目安だと考えてください

※コメント欄は承認制にしていますが
 宣伝、あきらかないやがらせでなければ
 すべて承認するつもりです


 にほんブログ村 着差理論 <=応援よろしくお願いします 

posted by GJ at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 回収率