2016年06月23日

Romeo et Juliette 2



Prokofiev Romeo and Juliet -- Ball Scene (Macmillan)
Dance of the Knights

thx! Y1MT san

こちらは
ミラノスカラ座
振り付けはマクミラン 

先のヌレエフ版と比べると
奇妙なポーズや剣などもなく
やや薄味

ただこちらはこちらで
ちょっと品があって
やや明るい感じもありよいかも
男女別々のシンクロ+混合
はここでもあって面白い

Juliet 役は
ジゼル2でも取り上げたフェリ
こちらの方がはまり役

なお、
仮面をつけて楽器持ってるのが
Romeo
なんだか軽い感じ



英語はどうするか考慮中
もう少し待ってください

posted by GJ at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンス

2016年06月22日

Romeo et Juliette



Prokofiev Romeo and Juliet Dance of the Knights

thx! Festival Vita Music san

※また差し換えます
 すみません
 ヌレエフ版ではありませんが

ドラマやCMで
コミカルに使われることが多いのですが、
実はシリアスな内容、名曲で名場面

音楽はプロコフィエフ
公演はパリオペラ座
振り付けはヌレエフ 
元ダンサーでこれも同名の名馬あり
ヌレエフ版では
モンタギュ、キャピュレット家の
争いがテーマのよう

動画はキャピュレット家の宴の場面
全体に、格式、謹厳さを表現しているよう
ひょっとすると高慢、虚栄のように
否定的なニュアンスもあると思うのですが
これが不思議にある種の美しさがあって

配置、
ゆっくりだけど時に緩急あり
奇妙なポーズ
男女別々のシンクロ+混合
独立した動きかと思っていたら
いつのまにか周りと同調

、、、何か(私の)見方が
ある方向からしか見ていないような、、
そのうちまた取り上げます

なお、ここで
Julietteと踊っているのは
Romeoではありません

※追記 20:50

上一部追記
あらためて、
この作品かなり気に入っています
ストレートに推奨対象ですが
渋すぎますか


posted by GJ at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンス

2016年03月18日

Demo


Polina Semionova (HD - Ballet - H. Gronemeyer - instrumental)

thx! Sophia Tang san


久しぶりにバレエで書こうかと思ったのですが
いいものは悲劇が多くて、、
久々なので軽くて明るめのをということでこれに

普通のバレエでなくリンクの曲のPV
背景も読みましたが、
これはよいか

横たわったところで始まって
横たわったところで終わり

と書いてしまうと
シンプルすぎるようにも聞こえますが
曲調と踊り自体が何となくよい感じ

posted by GJ at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンス

2015年10月21日

バランシン2


バランシン の続き

チラチラ見てみたものの、
未だこれという部分がなく、、

いろいろぐぐってみても
音楽の視覚化とかの言葉が
出てくるもののピンとこない

だったのですが、
の記事で少しわかってきたかも
引用させていただくと

「音楽にぴったりの動きを見つけ出すことが全てで、
物語や、主人公たちの喜びや悲しみについて
考える余裕などない、音楽の問題で手いっぱいだと。」

文中にある書籍でのバランシンの言葉ですが、
単に視覚化というのでない
”音楽にぴったりの動き”

こう知った後で見てみると

※0:00-2:02

※30:20-32:46

A kristalypalota (Le Palais de cristal)
Koreografus: George Balanchine (1947)
Opera Bastille, Paris (2014)

合っている、音楽にぴたり
音を消してもそれなりに曲を表現できている感じ

以前は、同じものを見ても
色彩とか配置はきれいだけど
それだけかなあという感じで
ここがよいと取り上げにくく
退屈な感じさえもあったのが

今は、見ていて楽しい
ほとんどすべての場面が面白い

前はちょっと分析的に
見過ぎていたのかも

そういえば前回取り上げた
チャイコフスキーパドドゥも
よさはそういうところだったか

位置的に離れたポーズを
高速でつなげるのも
そのためかと
いろいろつながってくる感じ

そもそもなぜ
音の視覚化など
しようと考えたのか
不思議だったのですが

それもそぴあのブログさんのおかげで
なんとなくわかりました
バランシンは
チャイコフスキーが大好きで
それをダンスで表現、同化したかったのかと

感情など関係なく
美しいもので満足する
そういうタイプの人なのかと
(それはそれ人それぞれで別に悪くはない)
思いかけていたのですが

結構熱い人だったようです


posted by GJ at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンス

2015年10月09日

バランシン


フォーサイス の続きです

なんだか難しい面もあったため、
一つ時代を遡りました

ジョージ バランシン (1904-1983)
George Balanchine

詳しくは、カーテンラインさんのページで

”物語は排除して純粋に踊りだけを振り付けたい”

とのこと



セレナーデ (Serenade)

Pacific Northwest Ballet の広告動画のよう

ほとんど動きがないのですが
この曲いい曲だったのか



セレナーデ (Serenade)

Choreography: George Balanchine
Music: Tchaikovsky: Serenade for Strings in C, Op. 48
New York City Ballet

13:30 --14:24 くらいに設定

この部分、他の部分もそうですが、
人で幾何学的な模様を表しているようでおもしろい
鳥か何かの生物の動きのようでもある

と、初見ではそう感じたのですが
ピックアップしようとすると困りました
おもしろいし美しさもあるものの
なんとなくものたりないようで
何度も見たいという感じに欠けるようで

感情薄めのものは私は合わないのか
とりあえず、ここは時間切れで

他の作品では違うのかもしれないので
もうちょっと見てみます

なお、コンクールなどで良く見る
これは結構好きです
これもバランシン


Tchaikovski Pas de deux
Alina Cojocaru 


posted by GJ at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンス