2016年06月13日

Fashion Monster



きゃりーぱみゅぱみゅ ファッションモンスター (2012)
作詞・作曲・編曲: 中田ヤスタカ

たまにはハロプロ以外で

これ、
他と比べて
普通に近い部類の曲
だと思いますけど
なんとなくよいです
※何年か前に見た

たぶん他の人と変わらない
感想だと思いますが
以下、良いところ列挙

メカニカルな楽器
デビル?ヘアー
うさぎ男
 コメントを見るとなんだか人気あり
 ドラムのフランケンも熱くて面白い
子供?未亡人?高速ダンサーズ
後半のメロディーに哀愁
クラップ前後の振り
タッ タッ タッタッタッ の振り
#この狭い心の檻を
 壊して自由になりたいの#
   会社とか学校でなくて心の檻です
   この歌詞は雰囲気だけでよいと思う

で、気にする必要ないんじゃないですかね
自由で良いと思います
自分でそうするというのはよいですけど
暗に圧力かけるのはちょっと、、

posted by GJ at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ以外

2016年04月07日

アイドルを探せ


シルヴィ・バルタン(SYLVIE VARTAN) (1964)
アイドルを探せ(LA PLUS BELLE POUR ALLER DANSER)

thx! TbowCAM2 san

英語ばかりでも味気ないので、

YouTube見ていたら懐かしいのが、、
親戚にこのレコードがあってよく聴いてました(勝手に)
で、大学の第二外国語では仏語を選択 w

※追記

実は書きたかったのは
仏語の先生の小ネタで

仏語の先生と英語の先生でいっしょに
海外にいくことがあるのだが、
そのとき、仏語の先生はみんな普通に会話ができる
はじめて海外に行った人でも
そして、英語の先生はみんな会話ができない
ってところで学生の笑い取ってました

昔の話なので今は違うんでしょうけど
英語は何か特殊なのでは?

話を最初に戻すと、
正直、凄くきれいとか歌が上手いというのではないでしょう
けど、何か魅力があって曲は世界でヒット
本人はそう扱われるのを嫌がったようですが
このバルタンが日本のアイドルの原型のようです

posted by GJ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ以外

2015年12月10日

ももクロ



ももいろクローバーZ サラバ、愛しき悲しみたちよ (2012) 
作詞: 岩里祐穂  作曲: 布袋寅泰 編曲:布袋寅泰

以前、ある曲がももクロの曲に似てると書いてあったので
いろいろ聴いてみたのですが、似てるとは思えず
ただその中で気になったのはこれ
これだけが評価の基準ではないですが
再生数約3000万

まず、曲は文句付けようがないと思います
が、ネットで初期の掲示板を見ると100レス内で、
 凡庸、ぱっとしない、センス枯渇、
 楽しんでない、一昔前感、自己主張ばかり目立つ
 やっつけ、切り貼り、飽きてきた、古くさい
いいたい放題
中には意味ある意見もあるのかもしれませんけど


作詞の岩里祐穂さんは、

公式サイト を見ると、
当初思ってたのとは違い
タイトルの悲しみというのは
迷いに近いのかも

歌詞は難しいけど
受けた印象のままで良い気がします

後、インタビューも読みましたが
歌は、突きつめていけば、
「人生の肯定」のような気がします
だそう
全てよいわけじゃないけどそれでも
ということでしょう

なお、個人的には
これもよいけど
聴きたくなるのはロッタラです

※追記
そちらの方が選択センスある

posted by GJ at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ以外

2015年12月03日

テレサテン



テレサテン  別れの予感 (1987) 
作詞:荒木とよひさ 作曲:三木たかし

アンジュルムのメンバーが
イベントでこの歌を歌ったとのこと
なかなかやってくれます

テレサテンの他の歌もよいのですが
不倫絡みな感じなのがちょっと、、
別れの予感といいながら不安ありも
幸せを歌っている(と思いたい)
この歌がよいです

なお、タイトルがタイトルだし
歌詞からも時代錯誤といわれそうですが
特に意図はなく
純粋に理想形として
歌を楽しんでいるだけです

後、若い人に伝わるかはわかりませんが
会場のおじさんは喜んだでしょう
昔それほど好きでなかったとしても
今聴くといいと思う

はかなげに歌ってほしい


 ※godaisusumuさん貼らせていただきました

posted by GJ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ以外

2015年09月25日

エアジン




Manhattan Transfer - Airegin

※歌詞
 下の和訳は翻訳機のものみたいです
 私も意味わかってません

ジャズはさっぱりなのですが、
大学時代に助手(今は助教?)の人に
初心者はこれかなといって
薦められたのがこのエアジン

ボーカルが入っていて聴きやすいし
その当時はこんな早口なのを聴いたことなかった

冒頭のピアノがいいので、
他のピアノ版も見てみたのですが
いろいろアレンジされていて
これが一番素直な感じ

なお逆から読むとNigeria
遊んでるだけ?

※ちょっと思い出したので書いてみました
 ほぼ自分用のメモです


posted by GJ at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ハロプロ以外