2012年10月05日

中山芝検証4


先週の中山芝の検証です。

枠、位置取りの着差指数増減を見てみます。

結果は以下の通り
上が馬番に対する指数増減
下が予想位置取りに対する指数増減

120929_30_nakayama_umaban_yosoucorner.jpg

※クリックで拡大

(1)
まず枠から、
先週とあまり変わりませんでした
2-10番がほぼフラット
11番から外、1番は数字が落ちています

スプリンターズSでは外の馬が1,2着
ただ、人気馬でしたので
グラフの傾向と離れてはいないと考えています

(2)
次に位置取り
データ件数の関係で13番手まで
先週の結果は不思議とばらつきがあり
見づらいのですが、
敢えて言えば8番手までが有利だったという感じ


1か月中山芝についてみてきましたが
前半、枠の影響が大きかったですね
位置取りはそれほどでもなかったか

次は東京芝について見ていく予定です
例年通りなら、最初は
一般の認識通り、
やや内有利、やや差し有利
となります

こんなところで。

 人気ブログランキング      <=応援
 にほんブログ村 着差理論 <=よろしくお願いします 
posted by GJ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 枠・位置取り

2012年09月26日

中山芝検証3


先週の中山芝の検証です。

枠、位置取りの着差指数増減を見てみます。

結果は以下の通り
上が馬番に対する指数増減
下が予想位置取りに対する指数増減

120922_23_nakayama_umaban_yosoucorner.jpg

※クリックで拡大

(1)
まず枠から、
先週とあまり変わらず
3-10番がほぼフラット
11番から外、1,2番は数字が落ちています

(2)
次に位置取り
データ件数の関係で13番手まで
位置取りによる違いは見られません

変な偏りのない馬場だと思います。
スプリンターズSは
いいレースがみられるんじゃないでしょうか。

こんなところで。

 人気ブログランキング      <=応援
 にほんブログ村 着差理論 <=よろしくお願いします 
posted by GJ at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 枠・位置取り

2012年09月21日

中山芝検証2


また一週間遅れですが、
先週の中山芝の検証です。

枠、位置取りの着差指数増減を見てみます。
なお、月曜日のデータが含まれていません。
途中で気付いたのですが直しているとさらに遅くなるので
このまま進めてしまいました。

結果は以下の通り
上が馬番に対する指数増減
下が予想位置取りに対する指数増減

120915_16_nakayama_umaban_yosoucorner.jpg

※クリックで拡大

(1)
まず枠から、
第1週と比べて山がやや外に移動し、
13番から外は大きく数字を落としています。

(2)
次に位置取り
12番手以降の数字が高くなっています。
件数は少ないのですが。
12番手前ではそれほど違いはないようです。

内中枠の追い込み馬が有利ですが
これは該当馬が少ないので、
おおむね枠、位置取りで差はないと考えてよいと思います。

こんなところで。

 人気ブログランキング      <=応援
 にほんブログ村 着差理論 <=よろしくお願いします 
posted by GJ at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 枠・位置取り

2012年09月15日

中山芝検証1


またまた一週間遅れですが、
先週の中山芝の検証です。

かなりの偏りでしたので、
予想通りの結果だと思いますが、
グラフにしてみました。

枠、位置取りの着差指数増減を見てみます。

結果は以下の通り
上が馬番に対する指数増減
下が予想位置取りに対する指数増減

120908_09_nakayama_umaban_yosoucorner.jpg

※クリックで拡大

(1)
まず枠から、
内枠の方が指数がかなり高くなっています。
1番と8番とで推定4−5ポイント差

で、回収率の結果を書こうと思いましたが、やめておきます。
何も制限しないと、外の方が回収率が高くなっていました。
新潟最終の成績もそうでしたが、
大穴一発で大きく結果が変わってしまいますので。

ただ、制限の仕方によっては当然内有利になります。


(2)
次に位置取り
やや外有利のラインがひかれていますが、
データが分散しすぎであまりあてにはできません。
位置取りはあまり関係ないと考えてよいと思います。

こんなところで。

 人気ブログランキング      <=応援
 にほんブログ村 着差理論 <=よろしくお願いします 
posted by GJ at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 枠・位置取り

2012年09月09日

新潟芝検証3


一週間遅れですが、
先週の新潟芝の検証です。

枠、位置取りの着差指数増減を見てみます。

結果は以下の通り
上が馬番に対する指数増減
下が予想位置取りに対する指数増減

120901_02_niigata_umaban_yosoucorner.jpg

※クリックで拡大

(1)
まず枠から、
これまでと同じく
内枠の方が指数が高くなっています。

大外の数字がやや高くなっていますが、
意味があるのか微妙なところ。

なお回収率は以下のとおり
※新馬は除きます

新潟芝9番内
単勝回収率勝率複勝回収率複勝率
4975619

新潟芝10番外
単勝回収率勝率複勝回収率複勝率
24511316

うーん、
単勝回収率は内の方が高いものの、
複勝回収率は圧倒的に外です。

1000mを除くと複勝回収率は、
62%、86%と近づくものの
まだ外の方が高くなっています。

内の馬も好走しているのは事実としてあるのですが、
外からもとんでもない大穴が数件来ています。
ここは今のところ分析不能、そういうものでしょうか。

(2)
次に位置取り
ほぼフラットになっています。
位置取りは1週間で結構変わります。

回収率は以下のとおり

新潟芝1‐2番手(予想位置取り)
単勝回収率勝率複勝回収率複勝率
51111911

新潟芝3‐9番手
単勝回収率勝率複勝回収率複勝率
59810620

新潟芝10‐18番手
単勝回収率勝率複勝回収率複勝率
1324316



これもうーんとうなります
先々週の結果からは、追い込み有利だったのですが
中段の差し馬の成績がよくなっています

実際にはこのように全馬を対象にするのでなく
力なども考慮して絞って購入します。
実際、先週、内、追い込みを目安に選んだ馬は
複勝回収率が100%を超えましたので、
結果との関連性はあると思っています。

しかし、上の結果はこれも今のところ説明できません。
保留で。

以上、要領を得ないものになりましたが、
結果はこんな感じでした。


 人気ブログランキング      <=応援
 にほんブログ村 着差理論 <=よろしくお願いします 
posted by GJ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 枠・位置取り

2012年08月30日

新潟芝検証2


前回の「新潟芝検証」で見たように
先週の新潟芝は、
外枠、
逃げ、追い込み(が予想される馬)
の方が高い回収率でした。

今回は、
先週の新潟芝の、
枠、位置取りの着差指数増減を見てみます。

結果は以下の通り
上が馬番に対する指数増減
下が予想位置取りに対する指数増減

120825_26_niigata_umaban_corner.jpg

※クリックで拡大

(1)
まず枠から、
内枠の方が指数が高くなっています。
回収率は低かったのに。

(2)
次に位置取り
1,2番手の指数がそれほど高くはなく、
10番手以降の指数が高くなっています。
回収率は1,2番手が高かったのですが。

このように
枠、位置取りの指数増減は
回収率の傾向と異なってます。
ここで、ちょっと考えたのですが、

回収率は穴馬が来ることで簡単に増減します。
日曜4Rの12番タマモサポート
単勝3300円がもしなければ、
内枠の方が回収率が高くなります。

つまり偶然、ゆらぎだろうと。

とはいうものの複勝回収率も
外の方が高く、、、
ここは判断保留で
まずは指数の増減の方を信じておきます。

疑いは残るものの
とりあえずは、
内有利、追い込みやや有利という結論で。


 人気ブログランキング      <=応援
 にほんブログ村 着差理論 <=よろしくお願いします 
posted by GJ at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 枠・位置取り

2012年08月28日

新潟芝検証

とり急ぎで

日曜日に先週の結果から、
新潟の芝は内有利、
逃げ、追い込み有利
と書きました。

その結果:まずは回収率を見てみます。
※新馬は除きます

新潟芝9番内

単勝回収率勝率複勝回収率複勝率
4765417

新潟芝10番外

単勝回収率勝率複勝回収率複勝率
7267820

回収率からみると、
今週は内はよくなかったようです。


新潟芝予想位置1−2

単勝回収率勝率複勝回収率複勝率
13776121


新潟芝予想位置3−9

単勝回収率勝率複勝回収率複勝率
4176120


新潟芝予想位置10−18

単勝回収率勝率複勝回収率複勝率
7757414



位置取りについては
逃げ、追い込み(が予想される馬)の方が
高い回収率でした。
これは先週と同じ傾向

残りはまた次の記事で

 人気ブログランキング      <=応援
 にほんブログ村 着差理論 <=よろしくお願いします 
posted by GJ at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 枠・位置取り

2011年05月06日

東京馬番解析

現在、指数の改善を行っている最中です。
予想が当たらないのでできることを進めようということで。

その途中で馬番の解析を行いました。
結果の一部を紹介します。

ここ2週間:4・23−5・1での東京芝での
馬番による有利不利を指数で表したものです。

110505_tokyo_T_umaban.jpg

※クリックすると拡大されます。

全てのコースを一緒にして平均しているので、
随分乱暴なやり方ではありますが、
内有利は明らかです。

皐月賞前日フローラSの日は雨が降っていて
内有利であったのは知られていますが、
他の日もそれほどではないにせよ内有利であったようです。


一方ダートでは、

110505_tokyo_D_umaban.jpg

であり、内外の有利不利はほとんどありません。
こちらも全てのコースを一緒にして平均しています。

現在はまだこれらの違いを指数計算に取り入れてはいませんが、
頭に入れておくことで予想に役立てられるかと思います。
ご紹介まで。

 にほんブログ村 指数理論 <=応援
 人気ブログランキング      <=よろしくお願いします



posted by GJ at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 枠・位置取り

2010年06月25日

宝塚記念・傾向

第51回宝塚記念、グランプリホース、GI4勝の女傑、天皇賞馬、ダービー馬が出走する豪華メンバーなんですが、臨戦過程に疑問符のつく馬が多く微妙な感じです。

宝塚記念の過去10年のラップは以下の通り。

100625_takara_lap.jpg拡大

アドマイヤムーン、メイショウサムソンで決まった2007年のハイペースっぷりが突出しています。この年はもう逃げ先行馬が何頭もエントリーしていて例外だと思ってよいです。なお、ウォッカが3歳のときこのハイペースに巻き込まれて?負けています。
たぶん、今年は2008年、2009年程度のペースに落ち着くでしょう。アーネストリーが前に行きそうですが、金鯱賞はかなりのスローでした。さらにスロー気味になるかもしれません。
なお、金鯱賞経由の人気馬はそこそこ来ている印象がありますが、ラップからは2005年のタップダンスシチ―が同じくスローの金鯱賞を経由して1番人気で飛んでます。ちょっと気になります。

ペースと位置取りの関係は以下の通りです。

100625_takara_position.jpg拡大

スローならば前、ハイペースで後ろと普通の傾向がでています。
なお、ペース-27, -9,-7上のマークがそれぞれ2007年~2009年のデータとなります。
2008、9年並みかややスローだとペース-10~0の範囲になりますが、ここはいちばんバラツキのおおきなエリアで前がくるとか後ろがくるとか言えません。
ただ、もっとスローになると読めば2−6番手の馬に絞れます。

枠順については、阪神芝2200はデータが少ないのですが馬番12番以降がよくない傾向にあります。宝塚記念では9,10,11番がお得感あり。

日デン戦始まります。でかい相手が苦手なイメージがありますけどなんとか頑張ってもらいたいです。

人気ブログランキングへ <--クリックしていただけると励みになります
posted by GJ at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 枠・位置取り

2010年06月03日

安田記念・傾向

第60回安田記念、G1馬が少ないんですが勢いのある馬が何頭か見受けられここでブレイクするのかどうかが楽しみです。

東京芝1600の枠順の傾向は以下のとおり。
tokyo_T_1600_umaban.jpg拡大
イメージとは異なりやや内有利。
安田記念でもここ数年内枠1−6番の馬が活躍しています。
当日の馬場次第ですが今年も続くかも。

ペースと位置取りについては以下のようになっています。
100603_yasuda_pace_position.jpg拡大

結論からいうと特別な傾向はみられません。
そもそもデータの横軸の分散が13程度
つまり1000m通過タイムに1.3秒程度の違いしかありません。
(ダービーでは50程度でした。上の図では横軸を広げています。)
つまりダービー(超スロー)やオークス(ハイペース)等と違い、
ペースは年によって違いが小さいのであまり気にする必要はないでしょう。
全体的に12番手以内、3着馬はなぜか7番手以内が多い感じです。

人気ブログランキングへ
posted by GJ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 枠・位置取り